保護者の皆さま、幼稚園の保護者代表協議会の皆さまへ

突然ですが、幼稚園(保育園などさまざまな形態を含みます)探しで困っていませんか。または、いま幼稚園での状況に不満や疑問などはないでしょうか。連休の間の日などに提供される緊急グループの受け入れ可能な人数が限られているからと、幼稚園から自宅待機を頼まれたりしていませんか。また、急に保護者代表に選ばれてしまって、そこでの義務や権利などについて聞きたいことはありませんか。

 

このサイトでは、私たちの組織や仕事について紹介したいと思います。皆さまがほかの保護者の代表の方々からアドバイスを受けられるように、また、子どもたちに対してどのように関わっていけるかを紹介しながら説明していきたいと思います。

私たちは皆さまからの質問に答え、皆さまをサポートできるよう努力します。また逆に、皆さまからのサポートと援助を得ることによって、私たちの子どもたちが幼稚園で素晴らしい時間を過ごすことができるよう願っています。

青少年局-保護者協議会(JAEB)とは?-デュッセルドルフにおける保護者との協働

JAEBは、市の青少年局での選挙を通して選ばれた、各保護者代表の協議会で構成されています。私たちは名誉職として、デュッセルドルフ市の350を超える公的、私的な幼稚園の運営団体に対して、子どもたちと保護者の利益を主張しています。そのため私たちは、青少年福祉事務所や自治体、政治集団、幼稚園の運営団体と常に話し合いの場を持ち続けています。保護者にとって私たちは連絡窓口であり、幼稚園での保護者代表の皆さまを援助し、それゆえ信頼のおける協力関係を促進しています。デュッセルドルフ市の幼稚園児が質が高く公平な教育を享受することができるよう、皆さまと一緒に努力していきます。そのために、皆さまからの提案や協力をお待ちしております。

どのような集まり:保護者代表ー幼稚園における保護者との協働

それぞれの幼稚園で、年度の始めに保護者の代表が選出されています。ここは各自が幼稚園に対してアイディアや意見などを持ち寄り話し合う場であり、この場を通し皆さまは幼稚園の子どもたちためにサポートすることができます。この保護者代表の会でJAEBへの代表が選任され、JAEBで行われる選挙へ立候補する権利と、そこで投票する権利が与えられます。(選挙への申請は各幼稚園の園長を通して行われます)

私たちの名称『青少年局ー保護者代表会(JAEB)』

青少年局は法によって子どもの保育を担う組織として定義されています。これにより私たちは保護者代表会として、組織的、財政的に支援されています。そのため法的には保護者代表の会の名に青少年局の名前が付いていますが、活動内容においては独立しています。

 

私たちの活動の重点的なテーマ

 

・幼稚園での疑問や問題に対応する

・良質の職員

・幼稚園探しと申請のシステムKita-Navigatorでの相談、援助

・障がいの有無に関わらない統合保育

・難民の受け入れ支援

・清潔さと健康な食事

・幼稚園から小学校へのスムーズな移行

・ネットワークの形成

 

 

 

JAEBデュッセルドルフへの連絡

 

私たちへの関心や質問については、こちらまでメールをお願いします:jaeb-duesseldorf.de

 

その他の情報やリンク先

・このホームページ内、もしくは

・私たちのフェースブック :www.facebook.com/JAEB.Duesseldorf

 

このサイト上部のリンク先からニュースレターの申し込みをよろしくお願いします。

幼稚園の様子や私たちの仕事について情報を受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください